上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
飼い主のいない猫(のら猫)は外で自由に行動しているため、繁殖を自由に行います。
「可愛いから、可哀想だから」と言って餌だけ与えて何もしなければ
あっという間に数が増えてしまいます。

猫が増え過ぎると、糞尿や騒音などの問題から近所の苦情の元となります。
それは近隣住民にとっても、猫にとっても好ましいことではありません。

そこでTNRが必要になります。

TNRとは
T (Trap) : 捕まえる
N (Neuter) : 中性化する(避妊去勢手術をする)
R (Return) : 元いた場所に戻す
ということです。

そして手術が済み、繁殖をしなくなった猫は
地域の猫好きな方の協力によって世話され、管理されます。
それが 地域猫 であり、それをするのが 地域猫活動 です。

外で生きている猫の暮らしは、人間に飼われている猫と比べると
とても厳しいものです。

満足な食べ物がなくて飢えに苦しんだり
ケンカや交通事故で怪我をしたり
ウイルスなどの感染で病気になったりするので
与えられた寿命を全うするのが難しくなります。

それでも彼らは地域の中で一生懸命に生きています。

のら猫の存在を迷惑に感じる人もいるとは思いますが
思い入れを持って大切に考えられている人もいます。

邪険にしたり邪魔者扱いをしたりせずに
餌だけ与えて猫の数を増やす 迷惑な餌やり をせずに
どうか地域のみなさんで小さな命を温かく見守ってほしいと思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。