上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログを引っ越しました

引っ越し後はるのしっぽ

引き続きこちらもブックマークをおねがいします


幸せになった子たちはこちらです。ぜひご覧ください!


UBSIBjsCTfEMlNO1456535439_1456535444_.jpg







スポンサーサイト
2015.3.1

募集を中止させていただきます。
みかんちゃんに心を寄せてくださいました皆様、ありがとうございました。



2015.2.17


別荘地で育った子猫たちを、雪が降り積もる前に保護


ミカン2


ミカン6


仮名 : ミカンちゃん
性別 : 女の子
毛色 : 三毛
尻尾 : すらりと細くて長い
年齢 : 2014年4月頃の生まれ
性格 : 猫に対しては少し慎重ですが、人にはとっても甘えんぼさんです

写真では大きく見えますが、とっても小柄でかわいい子です。

血液検査済(エイズ・白血病ともに陰性)
駆虫済、ノミダニ駆除済
避妊手術済

ミカン5


条件 :
・先住猫さんがいる場合、完全室内飼いで、ベランダなどにも出していないこと
・調布から車で1時間以内の場所にお住まいの方
・条件に合った複数の方からお申込みがあった場合は、近隣の方を優先させていただきます
・お見合いは動物病院で行います


ミカン1


群馬県で仔猫の捜索を行った方が、別荘地で猫が増えている、
という相談を受けました。


ミカン3


別荘地は、犬や猫を置き去りにする人がいたり、
また、人気のないオフシーズンは遺棄しやすかったりなどで、
野良犬、野良猫が増えて問題になっているところもあります。


ミカン4


この二匹はどういった経緯でそこにいたのかはわかりません。
これから気温は氷点下になり、雪も降り積もります。
可愛がって餌をあげていた方は、
自宅に入れて飼育していくことはできないということで、
餌やりさんを説得、里親様に託すことを納得してもらい、
保護をすることになりました。

冬本番になる前に無事保護することができ、本当に良かった。

市内の猫のTNR活動は、私が「飼い主のいない猫」を探して歩いている訳ではなく
地域住民の方からご連絡があった際に、捕獲や病院への送迎などのお手伝いをする
という形で行っています。

春から秋にかけては「子猫がいる」というご連絡をいただく事も多いのですが
だいたいは近くに母猫がいます。

今その場に居る子猫を保護しても、母猫をそのままにしていたら
数ヵ月後にはまた子猫が生まれてしまうので、母猫と子猫を一緒に保護します。

母猫は不妊手術と手術済の目印となる耳カットをしてリリースします。

けれど、子猫はある程度大きくなるまで不妊去勢手術が出来ません。
そして、出来れば野良猫として一生を送るのではなく
家猫として幸せに暮らせれば・・・という願いもあるので
可愛がって育ててくださる里親様募集をします。

子猫はノミダニ駆除、回虫などの寄生虫駆除、3種混合ワクチン接種を済ませて
健康な状態で里親様にお届けしています。

尚、猫エイズ・猫白血病のウイルス検査は月齢の低い子猫には出来ないので
母猫が一緒に保護された場合は、母猫の血液検査をしています。
(母猫が陰性であれば子猫も陰性と判断出来ると思います)

個別の検査は、生後5ヶ月が過ぎて不妊去勢手術をする猫に
行うようにしています。


飼い主のいない猫(のら猫)は外で自由に行動しているため、繁殖を自由に行います。
「可愛いから、可哀想だから」と言って餌だけ与えて何もしなければ
あっという間に数が増えてしまいます。

猫が増え過ぎると、糞尿や騒音などの問題から近所の苦情の元となります。
それは近隣住民にとっても、猫にとっても好ましいことではありません。

そこでTNRが必要になります。

TNRとは
T (Trap) : 捕まえる
N (Neuter) : 中性化する(避妊去勢手術をする)
R (Return) : 元いた場所に戻す
ということです。

そして手術が済み、繁殖をしなくなった猫は
地域の猫好きな方の協力によって世話され、管理されます。
それが 地域猫 であり、それをするのが 地域猫活動 です。

外で生きている猫の暮らしは、人間に飼われている猫と比べると
とても厳しいものです。

満足な食べ物がなくて飢えに苦しんだり
ケンカや交通事故で怪我をしたり
ウイルスなどの感染で病気になったりするので
与えられた寿命を全うするのが難しくなります。

それでも彼らは地域の中で一生懸命に生きています。

のら猫の存在を迷惑に感じる人もいるとは思いますが
思い入れを持って大切に考えられている人もいます。

邪険にしたり邪魔者扱いをしたりせずに
餌だけ与えて猫の数を増やす 迷惑な餌やり をせずに
どうか地域のみなさんで小さな命を温かく見守ってほしいと思います。


子猫は一緒に遊ぶ相手がいると、じゃれあったりしながら噛む加減などを覚えます。
そうやって社会性を身に付けることは人に対する噛み癖などの問題行動の予防になります。

猫はきれい好きなので自分で自分の体を舐めてグルーミングをします。
小さな子猫はまだ上手にそれが出来ませんが
相手がいれば、お互いにグルーミングし合ったり出来ます。

猫はマイペースなので寂しがったりしないと思われる方も多いかと思いますが
子猫は寂しがり屋です。
1匹でお留守番をすれば寂しくて不安になり、ストレスも溜まります。
でも、一緒に暮らす相手がいるとその心配がありません。
出掛けている家族も、お留守番をする猫も、お互いに安心出来ます。

猫は仲良しが一緒にいると、じゃれあったり走り回ったりした後に
ぴったり寄り添って眠ったりします。 ( 皆さんご存知の 「猫団子」です )

「子猫の2匹飼いなんて、なんだか大変そう」 と思われるかもしれませんが
実は、子猫の健やかな成長の為にも、飼い主の為にも、2匹飼いはお勧めです。
仕事をお持ちの方、外出する機会が多いご家庭には特にお勧めです。

★ 尚、既に先住猫さんがいるご家庭では、きっとその猫さんが
  良き親代わりや教育係になってくれると思います。
  相性を見る為にトライアルをご希望の方は、ご相談ください。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。